ソロキャンプ時の炊飯はHAPPYCUPで!飯盒を使いご飯を炊くにはコツがいる

カレー、バーベキュー、鍋など、キャンプでは様々な定番料理がありますが、炊きたてのご飯に勝るものはそうそうありません。和洋中華に合わせやすく、キャンプ時には必要不可欠な存在と言ってもいいでしょう。

キャンプをする際に上手にご飯を炊く方法を2つご紹介します。

キャンプの食事にはご飯が欠かせない!~ソロキャンプなら手軽なHAPPYCUPを~

食事時にご飯は欠かせないという方は多いと思いますが、山や川といった自然に囲まれた空間で味わう炊きたてのご飯は、格別なものです。自宅では炊飯器のスイッチを入れるだけで簡単にご飯が炊けますが、アウトドアでは主に飯盒(はんごう)が使われます。

キャンプにおける炊飯は、火加減と安定した火力を確保できるかが重要となりますが、こちらでは炊き方のコツをご紹介します。

飯盒を使ってご飯を炊く方法

飯盒を使ってご飯を炊く方法

飯盒は4合炊きのものが標準的で、内側の2合と4合の部分に目盛りが入っています。2合、4合共にお米の量に合わせ目盛り分の水を入れるとふっくらとしたご飯が炊けます。1合、3合と目盛りとは異なる分量を炊く際には、研いだお米を入れた状態で小指の第一関節辺りに水位が来る位置まで水を入れましょう。

飯盒は炊飯器とは違い炊飯の時間が調整できますので、水の量はそれほど厳密に考えなくても問題ありません。お米は水を吸収することでよりおいしく炊けますので、30分から1時間程度お米を水につけるようにしましょう。

飯盒を火にかけ炊飯する際には、火加減が重要です。最初は中火で沸騰するまで待ちます。湯気が出てきた段階で弱火にし、10分放置。この時グツグツと水分が沸騰する音がしていれば数分間そのまま放置し、水分がなくなりお米が焦げるような音がしていれば、すぐに火を止めます。火を止めた後は、10分程度蒸らし完成です。

HAPPYCUPを使ってご飯を炊く方法

ソロキャンプで炊飯をする際には、HAPPYCUPをぜひご利用ください。HAPPYCUPは飲み物を入れる蓋付きのマグカップですが、専用のツールを使うと0.5合分のご飯を炊くことができます。

使い方はとても簡単です。お米85gと60から70ccの水を入れ、15分ほど浸しておきます。固形燃料に火をつけ、蓋をしたマグカップを専用の風防に載せ炊飯していきます。炊き加減の目安は焦げた匂いがした時です。すぐに風防から下ろし、5分程度蒸らせば完成です。

飯盒のようにお米が炊けるHAPPYCUPでソロキャンプを快適に

飯盒のようにお米が炊けるHAPPYCUPでソロキャンプを快適に

HAPPYCUPはマグカップの他、炊飯時に必要となる木製置台、ステンレス蓋、風防がセットになっています。一人で出かけるソロキャンプ時には、極力荷物を減らしたいものですが、HAPPYCUPであれば、すべてのツールをマグカップ内に収納できますので便利です。

マグカップにコーヒーやスープなどを入れ楽しむこともできますので、活用法は多数ありますので、ぜひご利用ください。

ソロキャンプ時の飯盒として使用できるHAPPYCUP!

販売業者名 Kurt product
代表責任者名 兼古光行
住所 〒955-0057 新潟県三条市新光町24-6-3
電話番号 090-2029-1107
電話受付時間 10:00~18:00
メールアドレス happy.cupset@gmail.com
ホームページURL https://happycup.site/